最新家電であれば配送業者の選択が肝心

電化製品は繊細に作られているため、配送業者は厳密に選択しなければいけません。

 

選択肢として挙げられるのは、運送業者や引越し業者です。

 

運送業者の代表としては、ヤマト運輸、日本運輸、佐川急便が挙げられます。

 

ヤマトにはらくらく家財便といった格安の単品荷物からの配送があります。

 

無料の一括見積もりはこちら。クロネコや日通、佐川も参加中。

 

佐川にも同じようなサービスが用意されていますが、依頼は法人のみのサービスとなります。
重量に制限があるため、重量オーバーする場合は、配送不可、または追加料金となるため事前確認が必要です。

 

宅配便の利用の場合は、3辺合計が160cm以内、重量25kg以内の家電のみ配送可能です。

 

 

引越し業者の場合でも、単品配送が可能な業者が多くなっています。

 

ただし、一律料金ではなく、繁忙期や閑散期、トラックの空き状況、時間帯により料金が変動するため事前見積もりが必須です。
引越し業者の場合は元々のスキルが高いため重量オーバーの荷物の運搬や2階への搬入、荷物の梱包から建物の養生まで、柔軟に対応できるメリットがあります。

 

 

その他の候補として費用面で選択するのであれば、赤帽もありますが、料金設定は魅力的なものの、家電によっては搬送不可な場合があるため事前打ち合わせが必要です。

 

繰り返しになりますが、家電の場合は繊細な機器が多いため、保険や保証の確認、故障時の弁済金額の上限を確認し、見積もり書に一筆頂くようにして下さい。

 

 

メーカー保証が効くのは、通常の取り扱いを行っていた場合の故障のみで、運搬時による破損は対象になりません。

 

家電の配送前にサイズの確認を忘れない。

実は、サイズの大きさの問題や上階層でエレベーターが無い、また使用できない場合では、持って行ったけど家の中に入れる事が出来ないということが実例として起きています。

 

電子レンジやパソコンなど小物の家電は問題ありませんが、家族用冷蔵庫では100kgを超え、またドラム式洗濯機も80kgをゆうに超える大物家電が存在します。
あまり知られていませんが業者は配送先の立地条件がどうなっているのかを事前に調べたりはしません。

 

持って行き搬入できない場合は、その場にて他の業者を探し対応は後日という事もありえます。
サイズは家電の幅から横に30cmほどの余裕が必要になり、廊下の壁や曲がり階段、玄関から設置場所のスペースまでを事前に確認をしておいて下さい。

 

大型家電は階段では運べないため、エレベーターが使用できない場合も事前に伝えておいて下さい。

 

どうしても搬入経路が見い出せない場合は、スカイポーター(ハシゴ車のような車)やクレーン車やユニック車の出動が余儀なくされます。これらはすべて追加料金が発生してしまい、処分して新品を購入した方が安いとならないためにも大型家電の配送は特に注意して下さい。

配送時に注意して運ばないと故障につながる家電

家電の配送時に注意しなくてはいけないのが、大型製品の運搬です。

 

大型家電では、運搬時に壁や床、ドアを傷つけてしまう可能性も十分ありますし、運搬のやり方によっては家電を故障させてしまう危険性もありますので、十分な注意が必要になります。

 

 

家電を自力で運ぶ場合、種類によってそれぞれ注意する点が異なります。

 

代表的な例を挙げます。

 

 

まずエアコンですが、エアコンは自力で取り外して設置するのは難しい家電になります。

 

エアコンの配送をお願いする場合は、自力ではなく業者に依頼をしたほうがいいでしょう。

 

 

それはエアコンの取り外し、取り付けの料金が安く設定されているからです。

 

それだけを専門業者に依頼すると却って高くついてしまうことがあるため、自力ではなく素直に業者に依頼をしたほうが、作業も確実です。

 

またホースの取り付けやガスの補充も必要になります。室外機は横にして運ぶのは禁じられていることもあり、配送方法が難しいのでプロにお任せして下さい。

 

 

冷蔵庫の移動も注意しながら慎重に行いましょう。

 

冷蔵庫は配送日の前日から電源を抜いておいて、中についている霜が取れてから運搬するようにします。

 

また冷蔵庫を横に寝かせて移動させてしまうと、故障の原因になってしまうため縦にしながら運搬するように気を付けます。

 

引越し先に搬入した後は、しばらくコンセントをささないでおいてから、電源を入れるようにしましょう。

 

 

 

洗濯機の運搬も同じく注意が必要です。

 

洗濯機は運ぶ前に必ず水抜き作業を行っておくようにしましょう。

 

現在全自動洗濯機をお使いの家庭が大半ですが、洗濯層が動かないように縦型の場合は洗濯機と洗濯層の間にタオルなどを入れて固定しておく、ドラム式洗濯機の場合は専用の固定ネジを使ってドラムが動かないように固定して運ぶと故障のリスクを低減できます。

 

家電の移動時についての注意点は下記サイトが詳しいです。

 

家電 引っ越し
(家電を安く運ぶ方法や業者の選び方、料金の目安や、買い替えた方が安く済む場合があるなどバラエティに富んだ情報が掲載されています。)

更新履歴