どうやって、大型の電化製品を2階以上にあげる?

大物家電の配送時には、発送元と発送先の出入り口とサイズ確認が不可欠です。

 

特に大きい電化製品は、実際に物を見てみないと運搬方法などがわかりづらく、配送当日にドアから運び出せず、急遽クレーンや人の手で吊り上げて運ぶしかないケースも実在します。

 

 

まず、1階からの運び出しなら玄関から運び出せない場合も、窓を外せば運び出せますが、2階以上になると階段を使う事になります。

 

 

 

階段で運ぶ場合、もしギリギリ運べたとしても、壁との隙間が十分に確保できないと梱包していても壁の角で家電が傷つく可能性もあります。
(角が当たるだけでぼこっと穴が空くケースがあります。)

 

階段が狭くぶつかってしまう場合には、最低限、毛布やシートで覆うように、また角には段ボールをあてるようにして運んで下さい。

 

 

横にして運ぶのが難しい場合は、冷蔵庫などは立てたまま運ぶという方法もありますが、これも階段と天井の高さによって変わってきます。

 

立てて運ぶ場合には、担いで運ぶ運搬用のキャリーバンドがあるのでそちらをご利用下さい。

 

 

 

また、業者を利用する場合にかかる費用ですが、階段を使って運び出す場合、2階よりは3階、3階よりは4階と上に行くほど料金は高くなります。
階が増えるごとに、1000円〜2000円程度増加して行きます。)

 

運ぶ時の人数も増えるほど料金は高くなると覚えておきましょう。

 

 

 

もしも、階段で通せない場合は別途費用がかかり、想像以上に高くつく場合もあります。

 

外から吊り上げて屋内に搬入する人力吊り作業は、引越し業者でも行える業者と行えない業者が存在します。慣れていればサービス込みもしくは、2万円程度の追加費用が見込まれます。

 

 

見積もり時に階段と家電の大きさを見てもらい、もし人の手で運ぶのが無理な場合はクレーンなどで吊り上げる事になります。

 

 

クレーン車の場合は、外注業者を使う事が一般的で、半日作業であれば5万円程度の追加費用の発生が予想されます。

 

 

ただし、クレーン車やスカイポーター車の場合は、建物の前面道路が狭いと利用できず、上げれる階数は3階までとなります。

 

上述の条件に満たない場合は、搬送できるサイズへの家電の買換えの検討が必要になるため、輸送前の見積もり時にお互いに確認し合う事を怠らないようにしてください。

 

 

 

また、最終的に搬入方法が分からない業者の場合は、現地解散という会社もあるので注意が必要です。

 

 

以上の事から、電化製品の搬出や搬入のサイズに不安がある場合は、自身で運ばず専門業者に依頼するようにして下さい。

 

引越し業者の方でも、運送業者貨物賠償責任保険に加入していますので、もし運搬中に傷がついても何らかの保障はしてもらえます。

 

ただし保険の有無や万一の時の対応に関しては、事前にきちんと確認しておき、安心できる業者に依頼しましょう。

 

もし、万が一の場合には、配送後に故障かなと思ったら?を参考にして下さい。